Windows Live Writer(ウィンドウズ ライブ ライター)では記事が作成出来るだけではなく、見たままのデザインでホームページに掲載できるメリットががあります。

では、実際に記事を書いてみます。

Windows Live Writer(ウィンドウズ ライブ ライター)を起動したら左上のノートのようなアイコンをクリックします。

image

新しい記事か、ページか選びます。

記事とはブログ形式の投稿で投稿順に並びます。ページとはあなたのサイト内で会社案内のように固定してあるページです。

image

この記事を作っている途中の画面です。

image

この記事では画面を挿入していますが、もちろん写真も可能です。

画像の追加は挿入ボタンからでもOKですが、コピーペーストやドラック&ドロップでも可能なのでとても楽です。

大きさも自由に変えられます。写真を選択すると上部メニューが画像形式用に変わります。

image

通常の文字入力に関しても、上部にある文字のメニューで色々な効果を挿入できます。

image

例えば文字に色をつける

文字を大きくする

文字を太くする

アンダーラインを入れる

ワードを使うのと同じ感覚で操作できます。

 

ハイパーリンクを貼る方法。

上部メニューの地球に鎖の付いたアイコンハイパーリンクをクリックします。

image

 

ここでリンク先のアドレスを入力します。ここではヤフーのトップページを指定してみます。

image

表示されるテキストとはリンクが貼られるテキストです。

今回は、「このテキストはヤフーにリンクしています。」と入力してみます。

このテキストはヤフーにリンクしています。

上記の文字にヤフーへのリンクが設定されました。

 

その他、「表」「動画」「地図」等を簡単に挿入することが可能です。
Windows Live Writerは、多彩な機能で自由に記事・ページを作成することができます。

ページ上部に