現在ご利用のレンタルサーバーの機能やランニングコストなど、詳細をご存知でしょうか?

 

実際確認してみると、結構費用が高かったり使える容量が小さかったり、またメールアドレスの個数やその他の機能が制限されたりと、思いの外使い勝手が悪かった!なんて気づいたりもします。

 

【レンタルサーバー 比較例】

レンタルサーバー会社
大手O社 Aプラン
X社 Aプラン
月額料金(年間料金)
5,040円(60,480円)
1,050円(12,600円)
ディスク容量
60MB
40GB(40,000MB
メールアドレス数
40個
無制限
マルチドメイン
-
無制限
データーベース
-
30個

 

WordPressでホームページ作るには、データーベース(MySQL)が必要です。
レンタルサーバーのプランによっては、データーベースの機能がついてないものや最新のバージョンになっていないものもありますので、WordPressが動作可能な環境かどうかを事前に確認する必要があります。

 

それからマルチドメインの機能があれば、同じサーバー内にいくつもサイトを立ち上げることができます。
例えば、自社ホームページの他にECサイトを立ち上げる場合、1つのサーバー契約で別々にドメインを取得して2のサイトを運営することができますので、将来的に複数のホームページを立ち上げたい方にはおすすめの機能です。

 

現在ご利用のサーバーから他社のサーバーへと変更する際、独自ドメインをお持ちの場合はドメイン移管の作業が必要になりますが、メールアドレスはそのまま使えます。(※お使いのメールソフトの設定変更が必要です)

 

今は、料金が安くても容量が大きく機能も充実したレンタルサーバーがたくさんありますので、ホームページリニューアルの際に、一緒にレンタルサーバーを見直してみてはいかがでしょうか?

ページ上部に